ストレスが俺たち労働者を破滅させる

進藤京介は朝目覚まし時計が鳴るよりも早く目が覚めた。

今日は土曜日か、満員電車に乗って会社に行かなくていいし、自由に行動ができる日だ

そう

人間らしく生きていける日だ

だが、俺は冷静に考えた

おかしい

まだあの仕事が終わっていないじゃないか

今日は金曜日だった

土曜日だと思って目覚めた朝が、金曜日だった時の絶望感はとてもつもなく大きかった。

まだ月曜日じゃないだけマシだって?

そうかもしれないな

俺は憂鬱で押しつぶされた身体を、使命感だけで無理矢理持ち上げた。

そうだ。俺はIT土木作業員だ。こんなことで悩んでいる暇なんてないんだ

そう言い聞かせ、俺は朝の満員電車に乗り込み仕事場へと行った。

朝起きた瞬間からストレスで埋め尽くされる。
これがサラリーマンというものなのだろうか

ところで、満員電車は物凄いストレスがかかっているということをご存知だろうか?

先日テレビ番組を見て知ったのだが、満員電車のストレスはやばいらしい
ついでにいうと、スマホの電波が繋がらないのは満員電車以上のストレスらしい(笑)

ストレスといえば、人間をダメにする物の代表格であり、できる限り排除しなければ幸せになれないものだ

サラリーマンは幸せになれない。ということを示しているようだ

会社の近くに引っ越せばいいとかいうニワカくんもいるようだが、IT土木作業員の客先常駐員は、決まった職場が無いので会社の近くに引っ越すなんて考えは通用しないのだ。

精神的にも働き方的にも不安定であることが明確になった客先常駐という労働問題は、一刻も早く是正されるべきだ

まず、客先常駐を禁止する。
それが無理なら多重下請け禁止にする。

これらを野放しにしていては、日本のIT業界は人手不足が更に深刻化していき、ストレスにより労働人口が激減していくだろう

ストレスによる被害はかなりでかい

例えば、うつ病だ

これは甘えなんかではない。きちんとした病気で長期間の治療が必要になっていき、仕事もやめる必要がある場合が多い。

また、頭痛などもストレスからくる場合が多いし、ホルモンバランスの乱れにより肥満になったりするだろう。

俺は医療には全く詳しくないが、ストレスというのが悪いものであるというのはよくわかる。

底辺ITブラック企業では、客先常駐というストレス。中間搾取会社によるストレス。自社の無能っぷりによるストレス。顧客からの指揮命令やプロパーからの指揮命令による偽装請負によるストレス。通勤のストレスと、とにかくストレスだらけの毎日になる。

SESとか言ってるような会社には入っちゃいかんぞ!