自分の会社に自分の席が無いから帰る場所が無い

なんとも読みづらいタイトルになってしまった

だが伝えたいことは伝えた。

今回はITブラック企業によくある客先常駐の派遣同然の正社員の・・・ってこれまた読みづらい

自分の会社に自分の席が無いサラリーマン

普通のサラリーマンを想像してほしいのだが、会社に行って自分の席があって、お茶とかをデスクに置いて仕事をする

なんにせよ、自分の会社に自分の居場所があるってことだ

おはようございます!爽やかな挨拶と共に、椅子を引きサッと腰をかけてパソコンの電源を入れてお茶を飲む
これが普通のサラリーマンの姿ではないか?

しかし、俺のようなブラック客先常駐事業をしている会社の人間は、そんな普通のことさえ許されないんだ
自分の会社には俺のデスクはないし、俺という存在は無い。
教えてやるぜ・・・本当のブラック色ってのは透明なんだぜ!目には見えないんだ

自分の会社に自分の席(居場所)が無いサラリーマンは、果たして本当にサラリーマンなのだろうか?

久しぶりに帰社すると信じられない対応が

あるときのことだ。

俺は用事があって自社に戻ることがあった。

俺は、自社の扉を開けた

ガチャと鈍い音と共に一人の男が駆けつけてきた

男「すみません、どのような用件でしょうか?」

俺「あ、、、えっと真黒闇会社の進藤ですけど・・・」

男「あ!どうぞこちらへ」

俺「はあ・・・」

俺も一応このブラック企業の社員なんですけど・・・
これが自社に戻ったサラリーマンの姿だぜ!

悲しいだろ?自分の居場所なんてないんだぜ?

座席も無ければパソコンも無い。
これがIT企業って言うならば俺はIT企業を見下すね

パソコンすら与えられないIT企業ってのは酷い酷すぎる

もしも、自分の居場所が無いのが気持ちいいという人は、この業界に入ってみるといいかもしれない