ITブラック企業の劣悪な労働環境

パワハラ上司「おい!てめー!○すぞ!!」

部下A「すすすすすみません」

ITブラック企業ではこのような会話は日常茶飯事だ
これはこれで立派な劣悪な労働環境なのだが、今回はガチの環境について述べていく

俺の会社では

進藤「今日は帰社日か」

帰社日ということで自分の会社に帰ることになる

ちなみに、酷いブラック企業は土曜日は帰社日など設定され、実質週休1日になる

5月ということで、新入社員が自称研修を行っているはずだ
俺はドアを開けて会社のフロアへと入っていった

くせえ!

暑い!

汚い!

狭くて汚い部屋に大量の新入社員がぶち込まれていた
地獄絵図とはまさにこのことだろう

ガラスも開かないくせに、エアコンすらついていていない
こんなんで研修なんてできるのか?

ちなみに社長の席は広い
営業も多少は優遇されている

みんな!エンジニアになるな!ゴミだぞ!はっきり言ってゴミだぞ!

まともに仕事ができる環境ではない、小学校の便所の方が衛生的だと思うね

他にも以前いた現場は、同じように狭い部屋に大量の人間をぶち込まれた場所で作業
隣のおっさんの腕毛とぶつかるぜ?べとべとのね

しかもパソコンが大量についているため熱気がすごい

ITブラック企業の劣悪な労働環境の共通点

臭い

汚い

暑い

ちなみにパソコンがあるから飲み物は持ち込み禁止とかもあるぜ
熱中症でぶっ倒れるだろうね

ITブラック企業は、精神衛生的に悪いのはもちろんだが、普通に衛生面で危険だ

人間が息をするような場所ではない