もう殺人でいいだろ過労死と違法な長時間労働

いなげや社員が過労死 遺族、再発防止を要請 過去にも

本当に許せないニュースだ!

労働者の過労死問題は一体いつになったら解決できるのか
国が残業時間にいくら規制をかけても無駄であることがよくわかっただろう
タイムカードが操作されているんじゃ残業時間の規制も意味がない
あるIT企業では、残業時間が40時間だかを超えたら申請禁止にしているらしいし、とにかく労働者は会社の言いなり状態なんだから、どんな規制も無意味になってくる

国が残業は100時間まででーす!

と取り決めても、企業が守っていないんじゃ意味がない
しかも今回過労死認定を受けた企業は、過去にも同じことがあった常習犯のようだ
過労死認定されたら多額の慰謝料を支払うことになるが、人員確保した方が良くね?と思うわけですわ

なにより、仕事が原因なんだから殺人と何が違う?
サービス残業の強制や長時間労働に劣悪な労働環境。
これらは、俺たちは労働者が黙っていてはいけない問題になってきた
国もダメ
会社もダメ
俺たちを守るのは俺たちしかいない

違法なサービス残業や長時間労働があれば、速やかなに戦略的に対処していかなければいけない。
労働基準監督署へ通報するのか刑事告発するのか

ブラック企業ごときに俺たちの自由を奪われてはいけない。
会社都合での退職となれば、とりあえず生活していけるので、その間に転職活動でもすればいい
とにかく、ブラック企業から身を守らないといけない

まず、長時間労働と違法なサービス残業の被害にあったら、その証拠となるものを必死で集めることだ。

そして、いつでも辞めていいんだと思うこと。

これは本当に難しい。

会社が嫌なら辞めればいいという人もいる。
間違っていない。

嫌なものは嫌で何もおかしくない

だが、生活を人質に取られているような状況ではなかなかその決断を選ぶことができない。

なのでまずは、証拠集めと通報だろう

ブラック企業の被害に遭う人が増えないことを願う