とんでもないIT底辺企業の仕事を暴露します

みなさん
こんにちは。進藤京介です今日もノンフィクションでお届けしております。最後までお付き合いいただければ嬉しい限りでございます。

ご存知の通り私、進藤京介は、超絶ダイナミック底辺糞ブラックIT企業に努めて勤めております。

そんな糞会社から、ガチで受けた案件をご紹介します。

いいですか?

これは実話ですよ
安心してください。実話ですよ!

基本的には営業が取ってきた案件をエンジニアは紹介してもらって、気に入った案件であれば、現場との面談となります。
まぁ面談というのは面接と同じです。
合格すればその案件に入ることができるし不合格ならばその案件には入ることはできません。
つまり、IT業界のほとんどが永遠に就職活動を行うのです。
また、案件は気に入らなくても強制的に行かされるのが底辺IT企業の特徴です。
え?どうして強制的かって?
そりゃ客先にぶちこんでおけば利益がでるからなのだ
エンジニアの将来とか希望とかは関係なしに、とりあえず今!利益を出せ!というのが底辺IT企業の考え方です。今でしょ!

さて話を戻します

それは入社して3ヶ月くらい経った頃の話だった

研修中、とはいっても研修は名ばかりで、ただ座っているだけの時間を過ごしていた。

“ここはIT企業だよな?”

そんな疑問が常に頭の中にあったが、入社早々に辞めまーす!あざっしたー!なんてのも無謀であり、俺はただただ握り拳を抑えつけていた。

社長「いいか?紹介された案件は断るな!お前らは会社に利益をもたらす為にいるんだからな!」

そんなことを毎日のように言われていた気がする。
募集では、こんなことが書かれていたはずだった

“あなたのやりたい仕事ができる会社です”
なにがやりたい仕事ができるだよ?嘘ばっかり

だが文句を言うソルジャーは一人もいない。不満不平を口にした瞬間に、ブラック企業のドンに消されてしまうからだ。

そして、営業が俺を含めて何人か呼び出した。

営業「短期の案件なんだけども…」

(短期案件か、ちなみに短期案件といえば1ヶ月のなどがザラだろう
俺は4日間という超絶短期案件をこなしたことがあるので、どんだけ短期でも驚くことはない)

営業「今日の午後と明日だけなんだが」

(そうそう。1週間でも驚きはしない。……え?今日の午後と明日だって!?)

まさに単発バイトの類である

学生が金が必要になった時は、1日だけのバイトで金を得ることがあるが、まさにそれだ!

おいおい、これが正社員なんて本気で言えるのか?
名ばかり正社員とはまさにこのことだろう

だがここはIT企業だ。
例え単発バイトでもIT系の仕事だろう。
そう思っていたが驚きの一言が飛んできた

営業「業務内容は、お客さんに謝罪の電話をかける仕事です」

(そうそう。今時の電話って非常に高いITスキルが要求されるからな!ってなわけあるかーい!)

そして、夜遅くまで謝罪の電話をひたすらかけまくるという迷惑極まりない仕事をこなしたのである。。。
さて、底辺ITブラック企業に入ると、このように学生の単発バイト以下の泥仕事を笑顔でこなしていく必要があるのだ
なぜこのような仕事があるのかはわからんが、とりあえず利益出せ!って考えなので、エンジニアのスキルアップなどは全く考慮していない。
このような企業に就職してしまえば、未来を奪われることになる
正社員になって単発バイトをしたくないという人は、まずはIT企業から離れて就職活動をしてみよう!
そりゃ入社して1週間で辞める奴もいるわけだ・・・