元底辺SESの悲しき無職転職物語

今回はみなさんに謝罪することがあります。

俺の名前は進藤京介

新卒で入社した会社は底辺中の底辺で、自称IT企業のSESをやってる会社だった。

挨拶をする仕事から始まり、気がつけば俺は無職になっていた。

俺はIT業界の闇が許せなかった。

偽装請負や多重派遣だけじゃない、そもそも客先常駐という働き方、エンジニアをただの商品として扱う経営方針に、俺は我慢ができなかった。

IT企業で働いている人ならわかるだろう。この客先常駐という働き方と、それに付随して起こる偽装請負という問題。

俺は我慢できなくなっていた。働けば働くだけ金を搾取されているような感覚。

それでもプログラミング自体は好きで、無職になった後も、IT業界での就職を目指していた。

希望していたのはwebエンジニアだった。

俺はweb系の知識を勉強してweb系の会社に応募しまくった。

結果、返事が来たの1社だけだった。

一次面接と実技試験と通過した俺は、最終面接を控えていた。

もう貯金もない。

ここで決めてやる

俺は絶対に入りたいという一心で最終面接を終えた。

面接官「結果はMナビのほうを通してお知らせ致します」

最終面接は手応えがあった。

実技試験の内容も褒めてもらえた、実技試験はページを仕様通りに作ってjQueryを使ってモーダルウインドウを実装するというものだった。

俺は自信満々で採用決定野お知らせを待っていた。

しかし、お知らせはこなかった。

来たのは税金を払えという封筒だけで、俺は金がない惨めさと、本当にヤバいという感情が湧いて来た。

俺は適当に渋谷にある開発系のSESの会社に応募して、面接してきた。

手応えはよかった。でも今までも、手応えが良くても落とされてばかりだった。。。

そんなことで俺は転職エージェントのパーソナルナントカというのを申し込んだ。

電話で条件や希望職種などを話した。

俺はweb系に行きたいと、とにかく強く発言した。

個別に面談してどういう方向に行きたいのかという相談や、どういった企業があるのか紹介をしてくれるとのことで、都内某所転職エージェントの所に行った。

エージェント「未経験でも入社できる会社なんて、いくらでもあるんですよ」

そんな話から始まるとスケジュール管理まで話が続いた。

どうやらエージェントとペアを組んで転職を進めていく必要があり、応募する企業も随時連絡してくれとのことだった。

そして30社ほど資料を渡された。

「今日中にこん中からいくつか応募して、私に連絡ください。」

と言われた。

中でもオススメのがこちらの五社です。と言われたので中身を見てみると

月給15万円

みなし残業代4万円

という企業があった。

え?これがオススメの企業なのか?

前いた会社より悲惨だぞ?

俺はもうエージェントを疑うことしかできなくなった。

俺「web系の企業に入りたいって言ったんですが…」

エージェント「web系は未経験だと難しいから、まずは開発系の企業に行ってから転職するほうがいいです」

俺「そうですか」

エージェント「とりあえず今日中に応募、できれば10社ほどお願いしますね。で、どの企業に応募したか連絡ください。」

俺「まぁ、とりあえずっすね」

エージェント「えっと書類審査通ったら、面接には必ず行ってもらいます。面接に行ってからどうするか考えてください」

いや、こんなんならマジでエージェントサービス受けんほうが良かった…

結局のところエージェントはビジネスであり人助けではないと強く実感した。

こいつらにとって転職希望者は商品くらいなんだろうなと思った。

エージェントとの話し合いの後に、とある開発系のSES会社に面接が入っていたので、そのまま面接地へと向かった。

さすがにエージェントの紹介の会社に応募する気になれなかった。

やばいなあ、、、そんな気持ちで俺は面接地へと向かう

応募していたのはSESだ。

金銭的にももうキツイ。いい加減仕事決めないといけないという気持ちで応募した程度だった。

開発できる!ということでとりま応募しただけだった

SES会社の面接を終えた帰り道

既に面接を終えた企業から不採用の知らせが届いた。

家に帰ると税金を払えというハガキが目に入る。

俺は完全に終わったと思った。

エージェントを無視してやろうと思い、俺はその日は寝た。

そして翌日、SESの会社から採用通知が来た。

何社も受けたがようやく手にした採用通知だった。

一応開発案件にいける。

案件はエンジニアの希望を聞いてエンジニアに選んでもらう
更に研修もあるので未経験でも全然採用していると言っていた。
まだ若いし全然大丈夫と言われた。

もう貯金も底をついた

俺は遂に禁断の果実に手を出してしまった

SESの社員はSESの会社を転々とする。なんてことが言われているが、まさにその通りになった。

あれだけ毛嫌いしていたSESという働き方にまた手をつけてしまった。
そうするしかなかった。

もう出勤もしていて、久々の8時間拘束に既にバテている。

入社後すぐに面談も行かされた。

研修なんてのは無かった。

あとエンジニアの希望とか案件選べるなんてのは全くの嘘で、まぁこれぞSESという感じだ。

面談相手のプロパーからは、バリバリ偽装請負しまーす!といった言葉も聞けた。(実際にはそんなことは言ってないが、それに等しいことを言っていた)

俺はとにかく開発したい!そんなことだけを面談で言った

結果、なぜか案件の面談は合格

そしてわけもわからずその現場へ入った俺は、開発と無関係の意味のわからん仕事をしている

もう早速辞めたい気持ちでいっぱいだが、無職の時の経済的不安を思い出すとそっちの方が恐ろしい。。。

あぁ、おれはもどってきたんだな

この業界に

そう実感した

俺は仕事の帰り

七原くんというニコ生主が、金もなくペンキ塗りをするしかないと言って、ノーモーションでビンタが飛んでくるとか、腹を思い切り蹴られたと泣きながら配信しているという動画を見た。

みんな苦しい思いをしながら働いている….

そうだ。仕事ってのは辛いんだ…..

だが俺は相変わらず諦めてはいない。

今度はこの職を続けながら転職なりを進めて行くつもりだ。

webの知識の基本は抑えたので、俺は絶対にSESから抜け出してやる。

絶対にだ。

それだけじゃない。

絶対にこのクソ業界をぶっ潰してやる。

やはり転職は仕事を辞めてからでないほうがいいと思った。

金がなくなっていくと思考できなくなる。

心の余裕は経済的余裕から生まれるものだとものすごく思った。

金が全てじゃないなんて言ってる人もいるが、マジで金がなくなるとわかるが、金がないと頭も精神もおかしくなる。

金が人をダメにするのでなく、金がない状態が人をダメにする。

これはガチ

自由という時間を手に入れたが金が無くなった。

そして今度は自由が無くなった

人生とは実につまらんもんだ。

応援してくださった皆様には、こんな不甲斐ない結果を知らせることになってしまい、本当に本当に申し訳ございません。

何のために会社を辞めたのか、俺はもうただのアホゴミクズで、生きるために手を出したSESでまた前回と同じような苦しみを感じている。

俺は一体、いつになったら開発の仕事ができるんだろうか、、、、

進藤京介