自称IT企業をぶっ壊す!(爽やかな笑顔で)

お久しぶりです

自称IT企業をぶっ壊す!

「開発案件やらせてやる」

俺はその一言で、今の会社に入社してやった。

そしていま

俺はテスターとして大活躍している。

自称IT企業をぶっ壊す!

自称IT企業というのは存在価値のないIT企業のことです。

存在価値がないというのは、後々説明します

さて、こういった存在価値のない自称IT企業の悪事を紹介します。

まず偽装請負です。

請負や準委任と称して派遣業務を強要してきます。

そして多重派遣です。

偽装請負は必ずピラミッド構造になっていて、必ず上位会社が存在します。派遣されて更に派遣されているにと同義です。

そして、賃金の搾取です

正直いって、自称IT企業って存在価値がないので、お金を儲けてはいけないんですよ。悪い事してるんですからね。

本来、上位会社が下請け会社に払うべき金は、全額労働者が貰っていいはずです。

なぜならば自称IT企業は何もしていないからです。最低な搾取機関なんです。

自称IT企業をぶっ壊す!

みなさん、こんな自称IT企業は必要ないです。要りません。

偽装請負ですよ?多重ですよ?搾取ですよ?

偽装、多重、搾取ですよ?

自称IT企業をぶっ壊す!

さてテスターマンになったわけですが、

なぜこんな事になってしまったのか?俺はよくわからない。

俺は自分なりに正しい行動をして来たつもりなんだがな

というのも、上司(笑)との面談にて

上司「進藤くんは何がやりたいんだ?」

進藤「私は入社の時から言ってるんですが、開発の仕事がやりたいんですよ」

上司「それって新規開発?」

進藤「はい!新規開発がやりたいです」

上司「ほーおーけーほーおーけー!そういう風な案件に行けるように社長に言っておくよ」

進藤「ありがとうございます。」

俺は何がやりたいと聞かれれば、開発としか答えて来なかった。

俺はテストやりたいですなんて言ったことはないが、テスト案件にいきっぱだ

結局自称IT企業という下請末端の底辺会社というのは、上位会社のいいなりになっているだけだ。

俺は自社の人間から案件紹介されたわけでなく、上位会社の人間が次はコレ、次はコレ、みたいな感じで案件紹介してきて

後から自社の人間が、初日はココみたいな案内を送っている。

つまり、俺の案件を決めているのは上位会社であり、自社はただの言いなり

言いなり会社の分際で、会社を騙って、役職者を決めて、みなし残業とか言っちゃって、ずいぶんと偉くなったものですね、、、

結局、下請企業というのは力が無いので何もできないんです。従業員のスキルとか安定とか、そんなことを考えることはありません

いかに上位会社から案件を貰えるか。これに尽きます。

IT業界のピラミッド構造

客⇨上位会社⇨自社というピラミッドが成り立っているわけですが、これ完全に自社っていらないんですよね。

自社って存在する必要がないんですよ。

客⇨上位会社でいいじゃないですか?

自称IT企業をぶっ壊す!

嘘ついて労働力を確保する自称IT企業。上位会社が自称IT企業に頼ってしまうのは、社会的悪です。

このような自称IT企業をぶっ壊す為にはどうしたらいいのか?

現状、客の会社よりも上位会社よりも、こういった自称IT企業のほうが、従業員数が多いことがほとんどです。

従業員数では逆ピラミッドになっていて、そう簡単には治らないでしょう

自称IT企業をぶっ壊す!

IT企業を変えていくのは無理に近いので、やはり偽装請負に対して、もっと酷い罰を与えるとか、第三者の立場がほじくっていく必要がありますな

ちなみに労働基準監督署は、この偽装請負に関して全く役に立ちません(言い方悪すぎやろ、、、)

かといって、国民1人が1人が裁判してやるってのも現実的ではない。

本当にIT企業から国民を守る党が必要になってきたんだ。。。。