社内待機時は給料カット?とんでもないブラック企業を見てきた

あれは転職活動中のことだ。俺は某有名転職サイトを使って、都内にあるIT企業の面接を受けてきた。倉庫みたいな会社のオフィスから、ニコニコしながら人事がやってきた。

営業と社長も同席して面接が始まった。

社長は「従業員には、お金で困る暮らしをさせたくない。従業員が豊かに暮らせるのが1番だと考えています」と言っていた。

しかし、そんな嘘っぱちはすぐに見抜かれる。

そもそもこんなSESとかやってる企業が、従業員の幸せを考えているわけがないのだ。
はいまたブラック企業ですね。という面接が幕を開けた。

内定の流れがやばすぎる

「案件先が決まったら内定という形になります。
なので面談に行って常駐先が決まれば、それと同時に内定となります」

と言われた。

要するにこいつらは自社で雇用していない社員を事前面接させようって考えてるとんでもない企業だった。

一般派遣だって、会社見学の際には契約を交わした派遣社員を行かせる。こんなの常識だ。

この時点でお察しなのである。

雇用していない社員を、あたかも自社の社員ですよと偽って面談させる。
面談だって業務の一環のはずだ。こいつらがやっていることは違法行為。

さらにこいつらが考えていることは社内待機時に給料を払いたくないってことだ。できる限りの人件費削減がしたいってことだ。

採用する=コストがかかる。としか考えているとんでもない企業。

社内待機時は給料がカットされる

内定の流れの時点で、話を聞く気が失せてしまい具体的にいくらカットされるか覚えていないのだが「社内待機時は給料が減額になります」と言われた。
50%カットだか40%カットだかになるって話だったような気がする。

記憶では50%だった。半額になりますみたいなことを言われた覚えがある。

しかし社内待機ということは普通に会社に出社しているわけで、会社に拘束されているのだからここで給料をカットするのは悪質だ。

社員=コスト。

一般派遣じゃないんだから

こういった特定派遣(もうすぐ廃止w)の会社は、正社員を雇うというリスクをしっかりと負うべきだ。

特定派遣は正社員として労働者を雇用してるわけなんだから、きちんとリスクを背負っていくべきだ。人を雇うことによって生まれるリスクを少しでも減らすって会社は本当に潰れていくべきだ。場合によっては関係者を牢屋にぶち込んでおくべきだ。

こういった搾取することしか考えてない企業は日本にとって悪影響しか与えない。

IT業界と採用

IT業界はこの採用に対するネガティブな意識がとても大きい。
もちろん技術力の提供という意味ではこの考えは正しいことなのだ。だから請負と呼ばれる形態があるし、そこは否定しない。

ただ、SESとかいうほぼ脱法の形態で、わちゃわちゃやっているような企業は、発注側も受注側も搾取することしか考えていない。

そして、残念ながら大手の転職サイトもこういった搾取するのが目的になっているIT企業ばかりが掲載されているようだ。

コメント

  1. 峰不二子 より:

    ちわっす! 自虐ネタで楽しませてもらってます (^^) ところでこの記事だけど、これって超一般的だよねー。SES業界でこんなので驚いたら生きていけないじゃん? 8重派遣のため、IT作業員が死んでたのに誰も気がつかず放置プレー、ってのもあったよ。顧客のデーター抜いて名簿屋に売る犯罪者もSESで派遣されてくるし。ここは地獄の1丁目。

    • 進藤京介 より:

      コメントありがとうございます

      社内待機時は給料カットというのは一般的なんですかね
      だとするとやっぱりSES企業って酷いですよね。なんのために正社員として雇っているのか・・・?
      人を横流しすることしか考えられない企業は潰れるべきだと思います。

      顧客データを盗むってニュースになりましたよね。色々と言われていましたが未だに鮮明に覚えています。