底辺IT企業のエンジニアは自社営業にも苦労する

こんにちは。進藤京介です。

底辺IT企業のエンジニアって、下請けの末端にいるんですよ。
最底辺なので間に会社が入っている場合は営業はどう関わってくるのか?

その前に、普通のIT企業の場合を見ると。

プロパーの会社は営業がちょくちょく来て、進捗やらなにやらについて話をしているようだ。
あぁ、他のベンダーの会社も営業とちょくちょく打ち合わせをしているようだ。

とまぁ、営業はなるべくエンジニアの負荷や進捗などを把握するようにしている。

では、最底辺の自称IT企業となるとどうなのか?

まず、営業が業務内容について詳しく知りません。

これって論外だと思うんだが、底辺に染まれば染まるほど、これが普通だろうという思考になってしまう。

とりあえず、某某株式会社の某某システムに関する仕事をしてるくらいしか知らないのが、底辺企業の営業だ。

営業が知っていることは単価くらい。

しかも下請けの下請けで搾取されまくりの単価しか知らない。
元請けが払う金額なども知らない。

お前は何の仕事してんの?

というのが底辺企業の営業だ。

こういう会社に限って、採用の募集では

「弊社はエンジニアのケアを最優先でやっています」

「弊社はエンジニアの事を一番大事にしています」

などの嘘ばっかりついていることが多い。

営業が何も知らないのだから、エンジニアが苦労することになる。

例えば、エンジニアが営業に業務について相談しようにも、営業は何の役にも立たないのだ。
なぜならば営業は何もしらないから。というアホな理由。
営業が言うことはだいたい決まってる

「そのうち給料が上がるから」

「未経験で現場に入れさせて貰ってるんだから」

が常套句だ

未経験なら偽装請負による人身売買の被害に遭っても仕方ないよね?なんて真面目に言ってくるのが最底辺だから要注意。

このように底辺ブラック企業では、会社は頼りにならないのは勿論だが、営業すら役に立たないという二重構造になっている。

こんなんで、エンジニアのストレスを軽減させるように努めているとかよく言えるよな!

ああ!思い出しただけで腹が立ってきた

あれは採用面接の時だ!

会社「うちは、エンジニアをチームで客先に行かせるようにしています。それはエンジニアのストレスを少しでも減らす為です。また、困った時は営業にいつもで相談できるような関係でやっていますよ」

なんて嘘をついていたぜ!短いフレーズの中でよく沢山も嘘を詰め込めるよな!

とにかく底辺企業に入社すれば、周りすべてが敵になって一人で戦わなければならなくなる。
チームワークなんてものも無い。

頼れる先輩なんぞおらん!

スキルアップなんてできん!

入るな!危険!