実は年収250万円以下の客先常駐員でした

年収250万円というパワーワードで検索すると、パートやアルバイトの人の年収でしょうと出てきたわけです。

派遣社員なら残業すれば300万はいくんじゃないのか?俺の知ってる人で派遣社員で月25万稼いでいる人がいた。
つまり年収300万円だ。
この人が残業していった場合は、もっと伸びるだろう。

さて、俺は新卒の時年収250万以下でした。具体的には246万円でした

ありがとうございます

これは手取りではありませんよ。税金で持ってかれて、手取りは16万〜17万だった。
2年目くらいから260とかになった記憶がありますが、今もほとんど変わってないのです。

年下のプロパー社員が、優雅に1000円のランチを食べている横で、俺は材料費150円の極貧自作弁当を食べております。

他のベンダー社員が毎朝缶ジュースを買っている横で、俺はトイレの洗面台から出る水を飲んでおります。

顧客が高級腕時計をつけている横で、俺は腹時計で時間を探りっております

なぜ、同じ職場で同じような仕事をして、これだけの差が出なくてはいけないのでしょうか?

一方が普通の会社で、一方が底辺ITドブラック企業というだけの違いで、ランチタイムにこんなに差が出るのです。

IT業界は搾取搾取の渦の中で、労働者が働いています。
多重下請け構造がある限り、損をするのは労働者です。

底辺ITブラック企業には近寄らない!これしかできない。
本当におかしな事ですが、頑張っている人が損をする仕組みで動いています。(まぁ俺はそんなにが仕事を頑張ってはいないけど)

さて、底辺ITブラック企業には近寄らないと言いましたが、一体どこが底辺ITブラック企業なんだ?

現時点で言えることは、一般派遣でなく特定労働者派遣の届出しかない企業でアウトソーシングがメインで、社員の平均年齢が低く、やたら求人している企業は要注意です。

そして経験上言えることは、みなし残業代会社は基本的にヤバいということです。
エンジニアに対してみなし残業代制度を入れるということは、大切に育てようと思ってないです。
安月給で使い潰してやろうと考えています。

なので就活生の皆さんは、みなし残業代の会社だけはやめたほうがいいと俺は思うわけです
残業代をケチるような会社で昇給とかスキルアップなんて考えられないというのが持論です。

お金って損得判断のための重要なツールであり、誰に対しても平等な価値をもたらすものです。だから不満不平があれば迷わず動くべき基準になるものなんですな

お金は汚いとかお金より大事なものがあるとか言いますけど、お金より大事な物を判断するのにもお金が結局必要になってくるんじゃないかな・・・悲しいけどね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする